一般の粉末洗剤には蛍光剤という成分が含まれていて、この成分は発がん性があります。
また、赤ちゃんの服にも蛍光剤入り洗剤で洗わないで下さいと書いてあるため、免疫のない赤ちゃんの服には使用しない方が良いと言われています。
しかし、実際は衣類に含まれる蛍光剤は安全であると科学的に証明されています。 (さらに…)

赤ちゃんの肌は非常にデリケートにできていますのでかぶれたりなどしますので、肌に触れるものはソフトで肌触りのよい素材のものを選びたいものです。
赤ちゃんは、服をよく汚す時期でもありますので洗濯物もたくさん出て頻繁に行います。
その時に使う洗剤に、気を配りたいものなのです。 (さらに…)

赤ちゃんはとてもデリケートです。
大人に比べて肌も柔らかくて弱いので、洗濯する時の洗剤にも気をつけなければなりません。
特に、肌アレルギーを持っている赤ちゃんの場合は、肌に湿疹がでたり肌があれたりすることもあるので、気をつける必要があります。
最近では、赤ちゃん用の洗剤もたくさん販売されているので、いろいろ試してみて決定したらいいでしょう。 (さらに…)

赤ちゃんのお肌は、大人が想像する以上にデリケートです。
洗濯も新生児から乳幼児までは大人のものとは、分けてした方が安全です。
洗濯洗剤はもちろん、無添加、無香料のものを選びたいものです。

各メーカーから赤ちゃんの洗濯専用の洗剤が出ていますが、いきなり使用する前に、先ず大人の物で試し、洗いあがりや匂い、肌触りをチェックしてから赤ちゃんの洗濯物に使用すると良いです。
柔軟剤も赤ちゃんのものには、もともと入っていないものが多いですので、わざわざ使用しないように注意しましょう。 (さらに…)

赤ちゃん用洗濯洗剤は様々な種類があるため、洗濯洗剤選びは大切です。
柔軟剤をしなくてもやわらかい洗いあがりが可能なものや、天然ハーブなどを使用した人にも環境にも優しいものなど、この効果は商品によって様々です。
柔軟剤は香りがきついため赤ちゃんの洗剤には使用したくないという人や、デリケートな肌の赤ちゃんには肌に優しい成分を使用したものを使いたい、という人には最適です。 (さらに…)

アーカイブ

カテゴリー